BLOG

こんにちは!

名古屋東区のパーソナルトレーニングジムの

CALORIE TRADE JAPANエグゼクティブパーソナルトレーナーの衛藤淳(えとうあつし)です。

【東区のパーソナルトレーナーが伝授する】スクワットの基本

本日はスクワットについてお話ししたいと思います。おそらく皆さんも知っているであろう代表的なトレーニング「スクワット」僕らもしょっちゅうお客様にやってもらっています。

スクワットはキングオブエクササイズと言われる程運動効率のいい種目となっており、ほとんどのパーソナルトレーナーさんも紹介する種目だと思います。

そんな基本的な種目であるスクワットを基本的な部分から東区のパーソナルトレーナーが紹介したいと思います。

現役のパーソナルトレーナーが教えるスクワット

1.お尻を突き出しながらしゃがむ・膝をつま先より前に出さない

私たちがお客様にスクワットを教える時は必ず「お尻を突き出しながらしゃがんでください」と言います。これには大きく2つ理由があります。

一つはお尻を突き出しながらしゃがむ事により使われる部位の割合をお尻と裏モモに比重が重くなるようにしています。女性のお客様は多くの方がお尻と裏ももが気になるという方が多くそのニーズに合わせる形でスクワットのフォームも変更していってます。

もう一つは膝がつま先より前に出てしまうとバーベルの重さが膝にかかってしまい膝を怪我する危険性が高くなってしまいます。お客様に怪我をさせるようなフォームで運動をさせたくはないのでリスクヘッジの意味もあります。

もしかしたら、人によっては膝を前に出した方がやりやすく、挙上重量も上がるかもしれませんがそれですと裏モモより前モモに効いてしまい脚がゴツく見えたり(男性はいいかもしれません)、場合によっては怪我をしてしまう可能性もあります。

2.上体を前に崩さない・視線は必ず前方に

 

実はスクワットは脚の運動でありながら、腰を怪我する事が非常に多いです。これはスクワットの一番下のポジション、ボトムポジションで腰が丸まってしまい体が大きく前傾します。するとバーベルの重さが腰にかかってしまい腰を痛める結果となります。

なので私たちがお客様に指導する際は、腰が丸まらない範囲でしゃがんでいただいて視線は必ず前方に固定していただいています。ありがちなのが視線を床に固定してしまう事です。

人間の姿勢は視線に大きく左右されます。少し極端な例ですが、右方向を見ながら左方向に歩くのはかなりやりずらいと思います。

皆さんもおうちでスクワットする際は状態が崩れておらず、視線を必ず前方に固定した状態で行ってください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

最初に言ったとおりスクワットはキングオブエクササイズと言われる程消費カロリーも多く、お尻や太ももに効果的なトレーニングとなっております。スクワットが綺麗なフォームできるようになるとそのほかの脚のトレーニングの際にも役立ちます。またスクワットは消費カロリーが多くダイエットにも有効です。

もし、この記事を読まれているあなたが身体でお困りの際は、愛知県内に5店舗あるパーソナルトレーニングジムCALORIE TRADE JAPANにお問い合わせください、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!

人気の記事

 

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
東区で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

衛藤 淳
えとうあつし

トータルセッション数

4,000回

今まで行ったパーソナル数。普通のトレーナーではありえない依頼、月240セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

300人

今まで担当させていただいたお客様の人数。フリー時代合わせ、約300人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

名古屋市東区のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

名古屋市東区のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケート1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

関連記事一覧